ここから本文です

インフルになると7日は休めと会社に言われる。ガンだと1日で出社しろと言われるのが令和の時代。[しっかりした就業規則のある会社だが]

結核は大昔「死の病」だったが、ペニシリン、ストレプトマイシンの発見で、「死の病」から解放された。

光免疫療法は人類を救う。どれだけの需要なのか?これからは、再生医療の時代だろう。楽天に幸あれ。