IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

ときどき出てくる投資損がなくなればいいのだけれど。

以前は、公共事業削減がさけばれた時代もあり、新分野へ積極的に展開を試みたようですが・・・。
チャレンジは必要だと思いますが・・・。

近年は自然災害の増加や、人口減によるGDP低下を防ぐため一人当たりの生産性向上が求められるなど、インフラ投資が欠かせなくなっている。土木建築業の市場環境の好調が見込めるので積算・CAD・PPMに集中すればよいと思うのだが。

成長には、現在の顧客の事業を支援するソフトやサービスを提供していくのがいいような気がする。

増収増益が続くよう、投資や人員増強に関して慎重にすれば、投資家の期待も集めるようになるかな。

頑張ってください。期待しています。