IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>1673

1)コロナでアイドル業界がどうなるか分かんないし、普通ならとっとと売っぱらいたいはず
実際AKSも京楽産業も売った
でも秋元兄弟は売らない
→秋元兄弟はまだアイドルビジネスに将来性を感じてる
 KeyHolderの買収工作は全4者に根回しが済んでない強引なプッシュだった

2)①新株予約権は(売却できず、行使価格で含み益なら特に)すぐ行使したほうが株価の重しもなくなるし、配当ももらえる
でも秋元兄弟は行使しない
→この株価(200円弱)で行使すると、(換金売りを恐れて)一瞬で行使価格の125円を割る水準まで株価が下がって含み損になる可能性があるので、もっと安心して行使できるくらい株価が高値にならない限り(orノースリバーとの交換)でないと行使しない

ややこしいのは、125円でKeyHolder株を買える権利は、今は価値があるけど、実際問題それを使った途端株価は下がるから、実質価値はほぼない
それをどうバリュエーションして、ノースリバー株と交換するか(しないか)で揉めてるんじゃないの?

こんなのある程度デリバティブ/仕組み債分かってる人でないと議論についてけないし、多分理論上でもバリュエーションはできない(行使後どんだけ株価が下がるかなんておまいら次第)
よって交渉も何も、お互い考え方が違うんだから泣き分かれるに決まってる

②上記の新株予約権の話とは別に、ノースリバーの買収代金は確実にキャッシュではなくKeyHolder株
→ゴミはいらん
→有利発行されて、その分新株予約権の行使価格も調整されて下がるとしても、地合いが相当弱くなるからいくら発行・行使価格下げても株価はさらにダダ下がりする


と、問題山積なんですよ
「バカな金融取引に入った秋元康」と「金が無いなんちゃってエンタメ大陸系不動産会社」の間の不毛ないざこざにイナゴとトンピンが飛びついてるだけ
そのケツ拭きに乃木坂やらSKEやらを巻き込むから余計に話がややこしくなる