IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

商品化ですか。
既にKDDI、損保ジャパン、アイサンテクノロジー、ティアフォーは、特定エリアの自動運行システムと遠隔監視の形態の実証実験を数多く手掛けていて、一部自治体では実用に向けた協力体制を締結しています。

オリンピックに向けては車両供給にトヨタのeパレットの実装面の提携が見られますから、地方自治体向けの定期自動運転バスの運行ソリューションなどは法制面の整備が必要ですが、技術的には直ぐにでも可能でしょう。

eパレットは汎用車両ですから多用途で活用が望めますし。