ここから本文です

あの売りに売られて2053円という底値を付けた8/22。
あの時も2000円は確実に切るだろうと悲観ムードが漂っていた。しかし翌週末までに80%近く上昇し3600円まで値を上げた。

まるでその日まで大口に安く買わせるために意図的に下げていたみたいに。

ファンダは良好、自動運転を巡る環境も以前と比べて格段に進んでいるのに、そろそろあの時と同じぐらい総悲観ムードになってきている。
同じように売ってしまわれたのか、掲示板に出てこなくなった方も多くなってきた。

下げる時はズルズル下げるが、材料が突如出て上がる時は瞬時に置いていかれる。

機関や大口は個人が悲観して売り終わるのをずーっと待っている。