ここから本文です
998

kgb 強く買いたい 2016年8月23日 09:29

パーク24、営業益最高145億円
11~7月、法人需要が拡大
日本経済新聞 朝刊 投資情報 (15ページ)
2016/8/23 3:30
 パーク24の2015年11月~16年7月期の連結営業利益は、前年同期に比べ2割増の145億円前後と、同期間として過去最高になったようだ。駐車場、カーシェアリングともに全国で拠点数を増やし、利便性を高めて顧客を開拓した。16年10月期通期の業績予想に対し、若干の上振れペースとみられる。


 売上高は1割増の1400億円前後になったとみられる。「タイムズ」の名称で展開する主力の駐車場事業では、駐車可能台数が5~10台の小規模な駐車場を中心に1年間で630カ所を新設、拠点数は1万5542拠点になった。

 拠点を増やすことで、ドライバーが目的地の近くに駐車できるようにして利用を促した。駐車場の稼働率は45.2%と、前年同期から1ポイント近く改善した。営業車など法人利用が増えたようだ。

 カーシェアも拠点数を1174カ所増やして8238拠点にした。東京23区内のほぼすべての駅近くのほか、地方でも新幹線の駅前を中心に設置を進めている。東海道・山陽新幹線は全駅をカバーするなど、全国の新幹線駅107駅中、63駅に拠点を設けた。

 法人需要の掘り起こしも進んだ。東京都心の移動だけでなく、出張先の地方でもカーシェアを使う営業担当者が増えた。個人、法人合わせたカーシェアの会員数は約67万人と31%増加した。

 四半期決算の発表は31日を予定している。16年10月期通期に売上高が前期比7%増の1920億円、営業利益が13%増の212億円とする業績予想は据え置く見通しだ。