ここから本文です
993

_____ 強く買いたい 7月12日 21:19

これから三月期決算企業の第1四半期決算が発表になる。
数字が良ければ騰がるが、悪ければ下がる。
そしてその決算発表が一巡すると、夏休みで機関の人間もお休みと言うことで、相場は閑散とする。
商いが薄くなったところへ個人投資家が売りで入ってくる。
夏枯れ相場の始まりだ。

従って、第1四半期決算発表後騰がった銘柄は、昨年同時期に株価が下がっているようであればウリ・・だ。

当銘柄は(昨年は夏枯れもなかったので)その資金の受け皿として考えたい。
万一、当銘柄が夏枯れ現象を起こしたとしても、当銘柄売却は考えず、あくまで受け皿として機能させる。