ここから本文です
957

スター証券 強く買いたい 2017年1月21日 09:37

杉村冨生の兜町ワールドから・・・

『 2017.01.20 個人投資家はすこぶる元気だぞッ!
 NY市場はテクニカル的に、『売りが加速する状況』に陥りつつある。NYダウは下値支持線を下回った。ドナルド・トランプ大統領の歓迎相場は転機を迎えた?そうだと思う。もとより、筆者は『トランプ大統領の賞味期限は最短1月20日まで』と主張してきた。まあ、歓迎相場に限っての話だが…。
 この動きを外国人主導の東京市場は無視できない。NY市場、東京市場ともに“高値しぐれ”状態である。ただし、個人投資家はすこぶる元気だ。1月19日、サイバーステップ(3810)、山王(3441)は5日連続のストップ高となった。サイバーステップは20日もストップ高だ。猛烈な買い気である。

 1~2月は外部環境の影響を受けづらい銘柄を攻める、これが筆者の主張だ。いや、昨年の夏以来、これが基本的な戦術だが…。カジノ関連(本社のある苫小牧市がカジノ招致を推進)のフジタコーポレーション(3370)が急騰、イマジニア(4644)が切り返している。スマートバリュー(9417)はジリ高となろう。
 19日にストップ高まで買われたイマジニアはLINEとの協業(スマホゲーム投入)が材料だ。アスカネット(2438)、Gunosy(6047)はそろそろ反発に転じるだろう。Gunosyは三菱UFJ証券が目標株価を『2,800円』に設定している。
 反面、タカタ(7312)、東芝(6502)は絶対に買えない。この世界では“臆病さ”が身を守ることがある。改めて述べるまでもない。株式投資において、最大のリスクは『経営破たん』である。これを避けるには危ない会社に近づかないこと、これにつきる。』

イマジニア、アスカネット、Gunosyでいいんじゃないでしょうか