ここから本文です

自分には、四季の中で、冬にだけ会う人、また 初夏にだけ訪ねに行く人がいる。
昨年、初夏に訪問したその日は6月3日だった。
時間は9時15分。訪問前に、スマホでPDの株価チェック。
その瞬間の株価は、あまり冴えていなかったと記憶している。

 用事を済ませ、30分~40分後に車に乗り込んだ。
ダメモトで、再度 株価をチェック。(別に売り買いするわけではないが、なぜか気になるもの)
え~と 4587!と検索。 目を疑った。
飛び込んできた株価は前日対比1,000円高だった。
右の肘が右の脇腹に当たるくらいのポーズで右手の拳を握りしめ、シャイなガッツポーズをしたものだ。
さっき、冴えなかったのに、こんなわずかな時間でストップ高まで昇りつめていたのか~・・・
売り板が、パクパクと成行きで食われていく様子が見れなくて残念だった。

 一時、ストップ高までいった要因は、
平成27年4月のノバルティス社とPDPSの非独占的ライセンス許諾契約の締結後、技術移転がすべて順調に終了し、2回目の技術ライセンス料を受領したことだった。

 これから、何が出てくるか 本当に楽しみだ。

 ただ、一つだけ、ペプチドリームに注文したいことがある。
開示の整った段階で発表可能であるなら、引けを待つ必要などない。
できるだけ ザラ場で開示してほしい。

 なぜなら、BIG IRで、「マド」を作ってほしくないからだ。
この一年のチャートを見ても、大陽線があまりないので、
昨年の6月3日と同じように、9時30分あたりで、ドカーンと BIG IRをお願いしたいものだ!