ここから本文です

チザニジンテープの次の試験は、フェーズ1b及び2である。治験期間は6ヶ月ほどであるとアナリストレポートにあった。今月中に治験を開始すれば、終了は10月となり、結果分析に1ヶ月~1ヶ月半を要し、成功ならば12月にマイルストーン受領というスケジュールが予想されるところ、未だに治験開始IRが無い、
もし、これが4月、5月と遅れれば遅れるほど、マイルストーン受領が翌年になる可能性が高まる、
つまり、上場廃止リスクが高まることになる、リスクフォローとして武田薬品工業、第一三共からのマイルストーンがあるようであるが、これも現在の発表内容こらは不透明である、

つまり、非常に厳しさが増している、のに増資をする不可解さ、