ここから本文です

IHI側
(1)UMNファーマの財政状態・経営状況が悪化し2017年12月度決算では財務制限条項に抵触する可能性が大きくなった。UMNファーマは債務不履行となることが明らかであるため主たる債務者であるUMNファーマが銀行から借り入れている114億円のうち110億円を連帯債務として支払う可能性が大きくなった。
決算:保証先の財政状態悪化
(債務保証損失引当金繰入額)110億円  (債務保証損失引当金)110億円

(2)UMNファーマの2017年12月度決算の発表において財務制限条項に抵触することが確定的となった。IHIとしてはUMNファーマがその返済能力がないことから110億円を支払う義務が生じ、後日、銀行に110億円を支払った。IHIはUMNファーマに対して110億円の求償権を取得することになった。
 弁済の実行:支出額110億円
  (未収金)        110億円  (現金)          110億円
  (債務保証損失引当金)  110億円  (債務保証損失引当金戻入益)110億円

(3)後日、求償権の回収にあたり両社の協議のもと固定資産(工場、特許など)を譲り受けることになった。
 求償権の実行
  (固定資産)      ××億円   (未収金)        ××億円
  (債務保証損失)    差額

UMNファーマ側
(1)仕訳なし
(2)銀行に対して財務制限条項に抵触したが返済能力がないのでIHIが大部分を肩代わりして支払うことになり、その結果、UMNファーマはIHIに対してその部分につき支払い義務が発生した。
  (借入金)      114億円    (現金預金)        4億円
                     (未払金)        110億円
(3)事業の遂行が困難となり、UMNファーマはその資産をIHIに未払金の代償として譲渡した。
  (未払金)     110億円     (固定資産)       ××億円
                     (債務免除益)      ××億円

【コメント】UMNファーマの明日の株価の動き予想としては案外動かないかもしれないですね。財務制限条項に抵触するであろうことを見込んだ動きになるのかも。これだけではストップ安にはなるような事項ではないと思います。