IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

化血研の製品で帝人が販売していた血液製剤は、昨年度の不祥事で大学病院中心に大病院で代替え品と口座が入れ替わった。今さら製剤を提供しても口座確保が難しい。昨年帝人の担当者も憤りが激しかった。アステラスは旧藤沢と化血研の関係もあり、粛々と現場対応を重ねた。5月以降の製品在庫もアステラスが主に販売している製品が2~3ヶ月あるということではないだろうか。帝人の訴訟は、昨年から言われているが、医薬品販売メーカとしての責任を考えると私からみると一蓮托生のようにも思えます。