IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

昨年度は、化血研へのペナルティで他社のインフルエンザワクチンが検定され医療機関に販売された11月から化血研製品を販売しても100億以上売上てます。ワクチンは先入れ先出しで順次検定を受けた製品が9月末から納品され10月から一般的に高齢者から接種が始まり12月末までにほぼ希望者に接種されて終了します。会社の健保組合も12月末まの接種を推奨している会社が多いです。インフルエンザワクチンは特殊な販売方法で翌年3月末に返品を製薬会社が受けてます。つまり、医療機関は、買っても使用しなければ返品できるので安心して11月末でも12月でも購入します。ただし、製品が保冷品のため医療機関の保冷庫が一杯になると購入が滞ります。最終的にはインフルエンザの流行が接種率と売上高に影響します。UMNのワクチンも11月までに検定され現場に届けばある程度販売できます。勿論需要と供給関係と価格 最終的には化血研の製品が出るか出ないかが鍵である。