ここから本文です

>>216

発売前に行われた臨床試験で、12歳未満は23・4%、12歳以上は9・7%の割合で、ゾフルーザが効きにくいウイルスが見つかっていた。発売後もこうした患者が報告されたことなどを受け、同学会はこの薬の投与について、12歳未満は「慎重に検討する」ことを関係する医師らに呼びかけることにした。

 12歳以上は「推奨するともしないとも決められない」とした。同学会は、近く公表するインフルエンザ治療薬に関する提言に、これらの見解を盛り込む。

12歳以上でさえ、推薦するともしないとも決めれないゾフルーザ。これはPMDAの責任ですわ、先駆け制度矛盾さが伺えます。ゾフルーザは去年以上に風当たりが厳しい