ここから本文です

山中教授がノーベル賞を受賞したことで、これから再生医療の研究が世界的に盛んに成って行くでしょうが、すると、どんな事が起きるのでしょう?

まず、寿命が確実に伸びる事です。例えば貴方が後10年長生きして、プラス20年、30年長く生きられる可能性が出てきます。そこでもし、また20年長生きしたら、今度はプラス100年! いえ、永遠に行き続けられるような時代が到来する事もあるのです。
さて、これが朗報か?と言えば難しい所です。金持ちの老人にとっては確実に良い話ですが、再生医療を受けるには多額の医療費が必要に成りますが、金持ちなら払えます。また、若者と老人が争った場合、これまでは寿命がありましたから、いつか老人は負けました。
しかし、寿命が伸びる事で、若者が負ける可能性が高くなるのです。
老人はその社会的地位を使って、自分を追い落とそうする人間を、逆に追い落とす事ができるからなのです。
人間は一度権力を握ると、なんとしてでも手放したくなく成って、若い芽つむわけです。そうするとどうなるか?
再生医療によって長生き出来る一部の老人が世界に君臨し、他の人間たちは彼らの奴隷の様に生きるという極端な格差社会が生まれるのです。
現にアメリカでは、もうそうなっています。貧民街には貧乏人用の病院があり、そこは病気に成ると追い出されます。一体その病院は何をしているかと言うと、人体を使った新しい治療法の研究開発なのです。
本人がそのリスクを了承すれば、人体実験は許されるのです。
これを「治験」と言います。その成果は金持ち用の病院で治療として使われているのです。SF小説のようですが、実話です。
勿論、永遠に生きると言うのは極端な話です。
しかし人間の脳細胞の寿命は約200年と言われていますから、再生医療によって、臓器や手足など身体の各部をメンテナンスしながら生きていくと、200年の寿命は決して難しく無いのです。
多分、今後20年程で長生きが当たり前になる時が必ず来るはずです。そう言う時に問われるのが、「生きている意味」です。
有意義な人生とは何か、自分に対して、家族に対して、社会に対して、考える時代が間もなく来ます。

これからは長生きする事が目標ではありません。どれだけ意味の有る人生を送れるか。誰の為に生きるか。
それが目標と成る時代になるのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「投稿の意義」と同じですね!

ただ自分の儲け話をするだけ、ツイッター替わりにしている、日記替わりにしているだけ、では、何も掲示板の意味はありません。

何故投稿するか?どうしたら勝てるか?何の為に他人の投稿を読むのか?
等を考えて読み書きすれば、もっと投資も面白く成ると思います!

自分自身に考えてみる!