ここから本文です

主幹事証券の矜持がとか昔はあったかもしれませんが、今はそんなもの犬も食わないといった姿勢かと思います。
IPOラッシュで稼げたらハイおしまいです。そもそも主幹事としてGTSが野村に恩義を感じていたら大和に案件を流しません。
大和の行使が実需と心理面の双方で重石にはなっていますが、野村は全く関係なく役に立たないでしょうね。
ここの会社のファンダ向上と同時に上抜け材料が出たタイミングで大和との関係を切って大和に一泡吹かせてやればいいのにとも思います。