ここから本文です

株主総会で株価について株主からの質問があったらしいですね。
バイオ相場が続いてるのにいつまで割安に放置されてるのでどうなってるんだ!という趣旨の質問だと思いますが。

社長は、他の上がってるバイオ株は経営者が「大風呂敷」を広げてるのであがってると理解してるんですかね?
いかにも苦しい弁明ですね。(笑)

ところで、「できないことは言わない!」とおっしゃてるということは「言ってることは実現させる」ということですね。

今回の、増資の目的は「流動性の確保と30億の資金調達」と明言されてます。

資金調達に関しては、株価を1200円以上に持っていくか新たなアライアンス先から第三者割当で調達できれば行使をストップさせるというフレキシブルな対応をとるということで(どちらにしても株価にはプラス)30億は可能ですね。

流動性の確保に関しては、株価を上げるしか手はありませんよ。
よろしくお願いします。

ところで、大ぶろしきを広げて株価が上がっても暴落した時に株主に迷惑をかけるのがポリシーに反するらしいですが?

将来の株主をご心配される前に現在の株主が長期低迷の株価で迷惑してることもお忘れなく。

株価は上がったり下がったりするもの。余計な心配しないでとりあえず上げてから下がる心配をされたらいかがでしょうか?

大風呂敷を広げなくとも、きちんとマーケットに御社の企業価値を浸透させれば、株価は上がりますよ。

ベンチャー企業の最大のIRはトップの方の発信力だと思いますよ。

よろしく。