ここから本文です
  • >>612

    気になりますよね。
    ジーンテクノがはっきり公表しませんので想像の域は脱しませんが。

    確か、国内ではガン疾感の領域は持田製薬と独占契約を結んだと記憶してます。
    しかるに、PEG-フィルグラスチムとGBS-004(ァバスチン)は持田とでしょうか。
    そして、PEGに関してはそろそろ第三相に入る準備に入ってると思います。

    GBS-007(ヒユミラ)に関しては伊藤忠フロンティァで現在中国の企業へ導出活動している。

    伊藤忠フロンティァは確か第三者割当増資を受けてもう一本ジーンテクノと共同研究の商品開発をスタートしたはずですので。それが、GBS-008(パリズマブ)なんでしょうかね?

    そして、GBS-004もGBS-008もかなりのところまで進んでると思われますが。
    なんせ、国内の開発状況は第三相に入るまでは基本的に開示はしないようです。

    もっと詳しい方がいたら教えてください。