ここから本文です
  • >>202

    意味不明で怪しい開示でした

    ご参考

    126929
    m11氏2014年11月30日 13:47
    本当に信じていいのか、カイオム・バイオサイエンス社のIR

    10月21日に、カイオムは極めて謎めいたIRを発行しています。
    >>
      複数のインフルエンザウイルス抗原
     (不活化抗原のため感染リスク無し)に
      対する抗体作製プロジェクトを実施いたしましたところ、
      抗体の作製に成功いたしましたので、お知らせいたします。

    このIRにはいくつかの問題があります

    * 具体的な数値データが全くみられない
    * インフルエンザには100種類以上の亜種があるにもかかわらず、
     漠然と「複数のインフルエンザ」と書いていて、
     どのウイルスに対する抗体か全く理解できない
    *「短時間で」と書いてあるが、具体的な日数が書いていない
    * 完成したと主張してるヒトADLibシステムではなく、
     オリジナルADLibシステムを使用しており、
     臨床には遠い研究レベルのニワトリ抗体の作成をしただけである
    * オリジナルADLibシステムは、もともと短期間で抗体を取得できるとしており、
     今回のIRはそれを再度確認してるにすぎない
    * この発表の科学的意味が全く不明
    * 掲載される論文情報、発表される学会情報が不明
    * 投資家にむけて株式情報として公表されてるが、
     情報は科学者に対して公開されてないので真偽が確認できない
    * 株式ニュースにはなっているが科学のニュースになっていない
    * 研究はいつやったのでしょうか。何回確認をして確かめたのでしょうか

    このIRに、どのような意味があるのでしょうか。
    あるいは、どのような意図があるのでしょうか。
    近々予定されていた増資のための株価引き上げ目的と疑われても、
    仕方ないのではないでしょうか。

    開示情報として発行してるのにもかかわらず、
    その内容を確認し確かめる方法が皆無なのです。