ここから本文です

エボラウイルスとは、エボラ出血熱の症状を引き起こすウイルスです。カイオムは、感染力を失ったエボラウイルスの抗原たんぱく質の一部を使用し、同ウイルスの抗体を複数作製しました。

この作業を、なんとこれまでの約6分の1となる1ヶ月弱で成し遂げたのです。それを可能にしたのは、カイオムが持つ「ADLibシステム」という独自技術。

この様な事がいつおこっても不思議では
ありません、
アドリブシステムは全ての抗原及び
ウイルス等を壊滅する技術なのです