ここから本文です

適当なバイオ株の時系列で10年間の高値・安値を見る事をお勧めします。
年間高安 デ・ウェスタンの2013年、2014年を見ると 30倍、1/7倍、7倍、1/7倍
Yahooの時系列で月間にするとチェックできます。

名前が知れているオンコ、そーせい、タカラバイオ、アンジェスMG、ナノキャリア、メディネットがどう動いてきたのか?3Qと4Qに承認待ちが控えている今、2、3倍が高いとは言えないと思うのです。2症例の承認申請を行ったにも関わらず、なぜ上場来安値168円まで下がるのかが不思議でした。なにか陰謀でもあったのでしょうか? 2日連続で予想を外した、予想屋のお兄さんに聞いてみたい。シャープに30回以上、連続で売り予想した黒岩先生もいらっしゃいますが。

2症例での承認申請にも関わらず上場来安値 2016/2/12 168円
最終段階3品目で、残り少ない金融資産のPBR1.0を割っちゃうのは いじめすぎ。
東京オリンピックの2020年には、3品目の結果が出ています。
急な見直しですが、株価としては、普通ではないかと。
というか2倍、3倍で終わる方が珍しいに一票。

予想屋のお兄さんがしつこいですが。株屋の商売はそんなもの。だから168円がある。
だからシャープに30回以上の売り予想がある。

さてここで質問です。2016年今年のシンバイオの上場来高値はいくらでしょう?
デ・ウェスタンが不人気から注目株になった30倍を見てから考えましょう。

ヨンバイオ製薬
シンバイオ製薬
テンバイオ製薬

★上場来安値から100億以上の売上が期待される人気株になるとどーなるでしょう?★
★4品目で最終段階3品目。 M&Aがあるのか。 これからのIRに注目★

という事で答えはこれから、3Qと4Qの承認申請結果に期待

--- 薬事日報 2015/7/7
空白の治療領域で収益化‐抗癌剤を4品目に拡充
www.yakuji.co.jp/entry44643.html
2017年までに非ホジキンリンパ腫での適応拡大、慢性リンパ性白血病の適応追加を実現し、薬価ベースで売上200億円規模に最大化する。
---

頑張れシンバイオ製薬 2日後のウィズの30億の入金で M&Aを期待