ここから本文です

22日って、なるほどこれですか。
前処置薬として承認されそうなんですね。

------------------------------------------------------------
日刊薬業 2019/2/8 21:37

「キムリア」承認へ前処置・副作用治療薬も医薬品第二部会で報告・審議へ

 国内初のがんCAR-T細胞療法として、ノバルティス ファーマが承認申請している「キムリア」の承認が近づいている状況を踏まえ、厚生労働省は22日の薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会で、その前処置に用いる薬剤(5件)の承認について報告するほか、副作用治療を目的とした薬剤の適応追加(1件)について審議する。これらを合わせるとキムリア関連の報告・審議品目は計6件となる。
 前処置薬としては▽「フルダラ静注用」=サノフィ▽「注射用エンドキサン」=塩野義製薬▽「ペプシド注」=ブリストル・マイヤーズ スクイブ、「ラステット注」=日本化薬、「エトポシド点滴静注液『サンド』」=サンド、「エトポシド点滴静注『タイヨー』」=武田テバファーマ、「エトポシド点滴静注液『SN』」=シオノケミカル▽「キロサイドN注」=日本新薬、「シタラビン点滴静注液『テバ』」=武田テバファーマ▽「トレアキシン点滴静注用」=シンバイオ製薬―の5件の承認について報告する。詳しい使用法は現時点では開示されていないが、個々のケースに応じてこれら薬剤の中から選択して前処置を行うという。
--------------------------------------------------------------