ここから本文です

現在、バイオ銘柄の代表となったそーせいG。
転換期となったのがHeptares社だ。
買収以降、株価は連発されるIR、Mega Pharmaとの提携などで
株価はうなぎ上りになった。

このHeptares社買収にかかった費用はみずほが融資した。

そーせいGは市場に対し、みずほから融資を受けたとIRを発表、
間をおかず翌日には融資金はHeptares社の買収に使ったとのIRを発表した。

このように買収発表のIRは、出来る限り早めにする必要がある。
なぜなら企業買収には、事前に情報を入手してしまう関係者も多く存在するため意図せず、インサイダーになる恐れがある。

これらを避けるためには、一日でも早くIRを出す必要がある。
また、IRが出ない限り、インサイダー期間にあたりウィズは動くこともできない。

以上から考えると、月曜がターニングポイントになるのではないかと期待をしている。

あくまでも予想の範囲だが、丁半博打にならぬよう考えることも必要だ。