ここから本文です

P-CAB の権利導出が可能となる条件は何か。
タケキャブの販売状況について更に分析する必要がある。タケキャブが第一三共のネキシウムの売上にどの程度食い込んでいき、置き替わっていくのかが 1 つのキーになる。当社自身について言えば、韓国のデータにかなり期待している。韓国における多種多様な臨床試験のデータから当社の RQ-4 のメリットを強調できるのではないかと考えている。韓国での臨床試験は、目標としては本年中にめどをつけ、来年には申請したいとのことである。また、韓国のデータをある程度活用して日本でのパターン的な臨床試験を省略できれば、開発期間の短縮と開発経
費の削減につながる。

↑韓国メディアの内容と一致している。期待してしまうな。PPI二番手三番手でも400億、300億円売り上げがある。テゴプラザンも最低でその金額は期待してしまうな。