ここから本文です

>>313

今日のエッグ先生が韓国から拾ってきた記事?でもそんなこと書いてましたね

エッグ先生様のツイート↓

Google翻訳「CJヘルスケアは、視線を海外に向けている。中国、東南アジア・中南米と米国・欧州・日本に分けツートラック戦略的に海外進出に乗り出す方針」
日本だと… #ラクオリア

http://m.dailypharm.com/newsView.html?ID=259621

  • 319

    sum*** 強く買いたい 2019年12月7日 23:33

    >>315

    テゴプラザン韓国の販売成功を受けて、状況は大きく一変、
    今後の方向性と進展が明らかになって来ましたね🙌

    この記事の中で最も興味を持ったところはテゴプラザン中国の
    『早ければ来年現地発売が可能ハラリン予想』
    というところです。【ハラリン予想】とは超楽観的希望的予想ということなのだろうか?(笑)
    来年に販売しようと思えば、そろそろ今年年末にでも3相成功終了。
    来年すぐにでも承認申請しなければ、来年末に承認、発売開始に間に合わない筈⁇
    なので早くて先日の韓国記事ニュースの通り2021年に販売開始と思っておいた方が良いような気がします。もちろん早ければ早いほど良い。

    何故なら、韓国とこの中国(市場が大きい)のテゴプラザンが販売されれば、その販売ロイヤリティーのみでラクオリア創薬は、年間必要経費を上回り収益黒字になることが濃厚。

    他のガリプラントのロイ、エンタイスのロイ、テゴプラザンの日米欧、その他全てのマイルストーン収入、新規契約一時金などの諸々の収入がプラスαとなるからです。
    ☝🏻🤓


    《・・・国内での成功の可能性を確認したCJヘルスケアは、視線を海外に向けている。中国、東南アジア・中南米と米国・欧州・日本に分けツートラック戦略的に海外進出に乗り出す方針だ。

    まず可視化された方は、中国・東南アジア・中南米だ。
    先に、中国山東省ロイシン(SandongLuoxin)パーマシューティカル社と2015年10月9500万ドルのライセンスアウト契約を締結した。

    ロイシンが中国でのKキャップの開発・使用・製造・マーケティング・販売独占権を持つ内容である。
    ケイキャップの主原料であるだろうプラ杯成分が中国で生産されるという点で、地元のシナジーが期待される。現在中国人を対象に臨床3相進行中だ。
    【早ければ来年現地発売が可能ハリラン予想】だ。・・・》