ここから本文です
123

sum*** 強く買いたい 2019年12月5日 20:44

11月26日テゴプラザンの欧米販売地域拡大契約を受けてCJ社側⁈の記事ニュース
着々と‼︎
中国思っていたより早い⁈☝🏻🤓

・・・CJはヘルスケア「ケイキャップ」美・EU進出始動
ワン開発会社と北米・欧州版権拡大契約
日とクォルリア、アメリカではすでに臨床第1相進行
CJはヘルスケアIND受け継いで開発計画
12月2日

ヘルスコリアニュース/イスンホ] CJはヘルスケアは、その上の食道逆流症の治療薬「ケイキャップ」(だろうプラ杯)の米国および欧州市場への進出に青信号がついた。

CJはヘルスケアは、最近、「だろうプラ杯」のワン開発会社である日本のとクォルリア(RaQualia)と北米と欧州地域版権契約を締結した。

今回の契約に基づいてCJはヘルスケアは、北米とヨーロッパ地域で「だろうプラ杯」の開発と販売に関する独占的な権限を持つようになった。というクォルリアは、これに伴う補償に優先契約金を一括支給されて、今後の開発段階に応じたマイルストーンと販売に伴うロイヤルティーを受け取ることになる。

というクォルリアはすでに米国で「だろうプラ杯」の臨床第1相を終えている。
CJはヘルスケアは、「だろうプラ杯」の東アジア地域の著作権をベースに、過去2015年の中国の羅神社に「ケイキャップ」を技術輸出した。
契約規模は1000億ウォンの通り、【2021年に発売を目標】に現地での臨床3相を進めている。

CJはヘルスケアは、昨年、ベトナム医薬品流通専門企業である非メディメックス、今年11月21日には、タイのポン酢ケミカル(Pond's Chemical)と「ケイキャップ」10年の独占販売契約を締結した。また、今年9月には、インドネシアの製薬会社カルベと「ケイキャップ」5年の独占販売契約を締結したことがある。

CJはヘルスケアは、先にとクォルリアと版権拡大契約により、既に東アジア地域だけでなく、中南米、東欧、中東地域でも「だろうプラ杯」の排他的な版権を確保したことがあり、このうち中南米地域では、現在臨床試験を準備。

というクォルリアは代表的な日本の新薬ベンチャー企業である。
2008年ファイザーの日本研究所の主要な研究80人余りが主軸になって設立された。消火器と神経系領域で、さまざまな新薬候補物質を多数保有しており、2011年7月には日本ジャスダックに上場された。