ここから本文です
539

sum*** 強く買いたい 2019年10月8日 19:50

>>535

【胃食道逆流症世界3.5兆円市場 PPIから→P−CABへ】

武田薬品工業のタケキャブ、ラクオリア創薬のテゴプラザンに続く
第3のP−CABは、どうやらこの大熊製薬の『DWP14012』になりそうですね。
協力し合いながら、
先ずは胃食道逆流症のPPIから→P−CABへの世界移行を
展開して行ければイイですね☝🏻🤓

・・・大熊製薬はびらん性および非びらん性胃食道逆流症を対象に、P-CAB製剤である「DWP14012」の第3相試験をしている。
今年中に第3相を終えた後、来年に発売するという目標だ。
去る7月には、DWP14012と非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)3種を併用投与する臨床第1相を開始した。
P-CAB製剤はPPI製剤よりも薬効発現時間が早く夜間胃酸過多分泌現象を抑制するという利点があるため、次世代の薬として浮上している。