ここから本文です
535

sum*** 強く買いたい 2019年10月8日 19:21

>>533

CJさん(青空さん)いつもありがとうございます。😊

【発ガン物質」ジャンタク原料... 製薬会社、代替薬の開発速度】

胃腸薬ジャンタクの原料である「ラニチジン」で発がんの懸念物質であるNDMA(N-ニトロソジメチルアミン)が発見され製薬会社が代替製剤の開発に速度を出している。

食品医薬品安全処先月末の製造・輸入・販売中止したラニチジン成分の薬は269品目である。
多国籍製薬会社GSKのジャンタクをはじめ、大熊製薬のアルビス正、一同制約のキュラン正、保寧製薬のゲルポス・ディー・エクス定などである。
昨年、国内で生産したり、輸入したラニチジン成分医薬品の規模は2700億ウォンと推定されている。

国内製薬会社は、ラニチジンによる損失を回復するために、代替製剤の導入に乗り出している。
ラニチジン製剤を置き換えることができる成分としては、プロトンポンプ阻害薬(PPI)とカリウム-競争胃酸分泌抑制剤(P-CAB)製剤がある。
大熊製薬はアルビス情報の代わりにPPI製剤「ネキシウム」を、一同制約は東亜エスティと被毛のチディン系消化性潰瘍治療剤である東亜がマスター定義共同販売契約を結んだ。

後続薬の開発も活発である。
一番の薬は、P-CAB機序の薬剤である「JP-1366」を開発している。2017年9月に臨床第1相を開始し、最近の臨床第2相に進入した。びらん性胃食道逆流症の患者を対象に、安全性と有効性を評価するための臨床を行う予定である。
・・・一番の薬は、ヨーロッパでも、臨床を進め、海外市場に進出する計画。
P-CAB製剤はPPI製剤よりも薬効発現時間が早く夜間胃酸過多分泌現象を抑制するという利点があるため、次世代の薬として浮上している。

国内ではCJヘルスケアがP-CAB製剤である「ケイキャップ」の開発に成功して巡航中だ。
ケイキャップは今年3月、国内発売されたし、6ヶ月の間に処方液126億ウォンを記録したブロックバスター薬になった。
CJヘルスケアは、ヘリコバクター・ピロリ陽性患者を対象に、ケイキャップの効果を探索するための第3相をしている。
ケイキャップはラニチジン事態以後処方実績が急増している。

業界関係者は、「国内で144万人が服用していたラニチジン製剤が退出され胃腸薬市場が新たに再編されている」とし「他の機序の薬剤が反射利益を得るだろう」と述べた。

  • 539

    sum*** 強く買いたい 2019年10月8日 19:50

    >>535

    【胃食道逆流症世界3.5兆円市場 PPIから→P−CABへ】

    武田薬品工業のタケキャブ、ラクオリア創薬のテゴプラザンに続く
    第3のP−CABは、どうやらこの大熊製薬の『DWP14012』になりそうですね。
    協力し合いながら、
    先ずは胃食道逆流症のPPIから→P−CABへの世界移行を
    展開して行ければイイですね☝🏻🤓

    ・・・大熊製薬はびらん性および非びらん性胃食道逆流症を対象に、P-CAB製剤である「DWP14012」の第3相試験をしている。
    今年中に第3相を終えた後、来年に発売するという目標だ。
    去る7月には、DWP14012と非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)3種を併用投与する臨床第1相を開始した。
    P-CAB製剤はPPI製剤よりも薬効発現時間が早く夜間胃酸過多分泌現象を抑制するという利点があるため、次世代の薬として浮上している。