ここから本文です

もちろん直接的な創薬につながればベストですが、
こういったプロジェクトを通じて
塩野義、旭化成ファーマ、日本ケミファなどと
共同研究を通じてお付き合いができるのも
メリットの1つです。