IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
現在位置:
ラクオリア創薬(株) - 株価チャート

1,042

+12(+1.17%)
  • 前日終値
    1,030(08/13)
  • 始値
    1,037(09:00)
  • 高値
    1,068(10:08)
  • 安値
    1,010(10:10)
  • 強く買いたい
  • 買いたい
  • 売りたい
  • 強く売りたい
このスレッドは終了し、閲覧専用となっています。
コメントの投稿、最新コメントの閲覧はこちらの最新スレッドをご利用ください。

掲示板のコメントはすべて投稿者の個人的な判断を表すものであり、
当社が投資の勧誘を目的としているものではありません。

  • >>1310

    これに返信するの忘れてた。
    今週の木曜日にIRに代表電話から取り次いでもらって、テゴプラザンが1000億円の世界での売上とされてる根拠は何かと質問したら、世界の現在の胃酸分泌抑制薬の市場性から大体で出した数字と返答された。
    そこから、その大体の1000億円という売上は世界の各地域(アジア、北米、ヨーロッパのように)で分けて考えてるかを聞くと、それは算出してないとIRは答える。
    君の言う社長の言ったことも引用せずにだ。
    普通はこのような回答をされたら、相当な丼勘定だと考えるのが普通。
    それに、「市場が大きい=テゴプラザンが売れる」でも無い。
    君が引用した社長の言う、中韓だけで200-300億であるなら、アジアの中韓以外と欧米で700-800億円となる。
    いっちゃ悪いが、中韓だけで200-300億売れる薬が全世界で展開して1000億円は逆に見積額が少ないわ。
    俺は欧米では売れてもヘリコの除菌ぐらいと考えてるし、ヘリコの除菌程度しか売れないなら、その地域で開発しない方がマシと考えてる。
    テゴは長期で連用してもらって儲ける薬。
    明確な差を出さずに承認を受けれるのは、アジアぐらいかな。

    俺は俺なりの独自の計算で、「少なくともこれだけは売れる」という最低ラインの設定で計算してる。
    それの何が悪いんだい?
    そんなに都合が悪いなら俺の書き込みを無視すればいいんじゃない?
    最低ラインを基準にするのも、多くの意見の平均を基準にするのも、最高のラインを基準にするのも単なる個人のスタンスでしかない。
    それぞれの国の当局のスタンス、経済事情、医療事情様々な事がバラバラであるなら、不足の事態が起こるのが当然と考える。
    その個人の考えまで批判されたら、この言論の自由が保障されてる国で何も意見を言えなくなるね。
    君は独裁者の素養があるね。
    ラクオリアの掲示板の小池百合子って感じかな☺️

  • >>1310

    武田のアメリカで売ってるタケプロンの改良版だったかな?
    デクスラントやったかな?デキスラントなのか読みはどっちでもいいのだろうけど、PPIよりもタケキャブが良いなら最初からタケキャブをぶつければいいだけでは?
    日本ではタケキャブを開発してて、アメリカでは別のPPIを開発してたからタケキャブは売らないというのは動機不十分だよ。
    少なくとも化合物をどちらも武田が持ってるという条件は同じなはずで、実際に製品戦略に差が出てる根拠を俺も君も示せないはずだ。
    こういうのは俺は疑問は呈しても、証明出来る根拠は無いから、俺はこう思うとしか書けない。
    そうなると、状況証拠を考えるしかない。
    そこで、俺はネキシウムのゾロが出てるアメリカとゾロはまだ発売されてない日本での差などが影響出てる可能性があるぐらいしか書けない。
    で、君のズルいところは、ポジションを決めてないことだ。
    俺は、P-CABの優れてる点、胃酸分泌抑制が早い点はヘリコの除菌でタケキャブがタケプロンとの差を出してる点は認める。
    短期勝負では差が出るのは当然だし、事実、差が出てると判断されている。
    しかし、売り上げの大半を占める胃食道逆流症などの長期で服用する疾患ではPPI≒P-CABと考えてる。

    君はこのスタンスをまずは明示したらどうだい?
    タカタの件でもそうだが、事が終わってから事前に自らのスタンスやポジションを明かさずに他人の誤ちを批判するのは猿でも出来る。
    猿のままで終わらない為にも、君は先にポジションを決めてくれんかな?
    そこから議論をしよう。

  • >>1309

    アメリカでの導出先をやくざさんらとその時は考える流れだったわけだから、そこの話に乗って何が悪いのかな?
    君は自分の都合の良い部分だけ切り張りをしてる。
    これではマスコミがやってることと同じだよ。
    だから、「わかんねーな」となるわけだ。
    それに、アメリカでテゴが売れるなら、株主としての俺は万々歳。

    で、タカタの件まで親切に書いてくれてありがたいが、君はタカタの民事再生の時の件、今なら誰でも何とでも書ける。
    しかし、資金繰りの件、急激に悪化したのは日経の飛ばしの民事再生報道がきっかけであった事実はある。
    少なくとも、日経が報じた以降、様々なマスコミが報じた実際にタカタが兜を脱いだ以前の候補日は外れたわけだ。
    で、今でも普通にタカタが仕事してる件など、君はどう説明するのだ?
    俺は自身のリスクを取るという方針に基づき、何かの相談をされてもいつも書くことは「投資は自己責任で」だ。
    お前に文句を言われる筋合いは無い。

  • ボノプラザン開発者の文章を一部抜粋

    「胃食道逆流症(GERD)診療ガイドライン2015」(改訂第2版)の際の改訂で,GERDの長期治療戦略の1つとして,維持療法の記載に続き,粘膜傷害が軽度のびらん性GERDの一部には,オンデマンド療法が症状コントロール可能な場合があり,「長期管理においては症状コントロールを適宜評価し,必要に応じた最小限の用量,用法の使用を提案する」と初めて示されました2)( 推奨の強さ2,エビデンスレベルB)。これはつまり,軽症の逆流性食道炎の場合,全ての患者さんに維持療法を行う必要はないということです。オンデマンド療法は,症状が出た時に服用し,その症状改善を図るわけですから,効果発現が短時間で見られるボノプラザンが従来のPPIよりも適していることは容易に考えられます。

    ↑最近の長期服用による認知障害等の報告からしても、この考え方はもっと浸透してくるのではないでしょうか。最近のボノプラザンの売上向上は目覚ましいものがありますが、販売力だけでなく、PPIにはないPCABのベネフィットがあるからでしょう。

    なので、ラクには早く決めてもらいたい

  • >>1305

    変換ミスまで指摘してくれるとは親切だね☺️
    俺如きの書き込みで株価が動くなら俺の影響力の凄さに感心するしか俺には出来んわ。
    P-CABの件、実際に開発を中止したのがAZであるなら、AZの主張を引用して説明して何が間違いなのだい?

    まず、間違いを指摘するなら、論文などでもいいから根拠を貼ろう。
    俺の書き込んだことを引用するのも大事だが、君は反証責任を果たしたらどうだい?
    俺の意見の間違いを指摘するのに、資料無しでは、君のようなどこぞの馬の骨が好き勝手に物を言ってるに過ぎない。
    やり直してもらっていいかい。
    例えば、「>俺の間違い箇所 論文のリンク」
    とすれば、いちいち君も文字を書き込まなくていい上に、何も書かなくても論破出来る。

  • 1313

    どざ 強く買いたい 2017年10月7日 02:22

    最後に、今日の空売り報告考察
    まず、一昨日1200から下げた日ですが、やはりモルカスは売っていませんでした(というより寧ろ買い戻してると思っていた)。今日の朝もコメしましたが基本的に朝に頭を抑えてよいしょ×2では売りますが個人の投げを拾いながら結果的には買戻している。特にここ2~3日の短期下落トレンド&疑心暗鬼状態では惰性さえつけたら勝手に個人が投げてくれるので少量の空売りで簡単に下げて買戻しすることが可能です。ぼろ儲けですね!
    興味深いのが現在一番空売り量が多いドイチェが買い戻し始めた事!
    モルガンブロスがこぞって買戻しを始めた事に足並みを揃えたか分かりませんが、買い戻し方向であることは確か。
    では4日の1200からの寄天は?というと上記で話した通りで、少量の空売りで勝手にIR=寄天と思っている個人の投げで下げている状態です。確かに株価操縦は酷いですが、ラクオリアの現状を把握できていないホルダーが多いことも現実。
    まだ報告は出ていませんが、5日も下げていますが機関の空売りは減っていると思います。
    皆さんが何を根拠に売買しているか知りませんが、上がっているから買う・下がったから売るでは大きく利益取れませんよ!それこそ機関の養分です。
    今日は夕方に空売り比率の間違ったコメがありましたが、空売り比率個別ではラクがNo.1ですから。
    誇りに思ってください!汗
    良いNo.1も悪いNo.1もなるのは大変、この事実だけでもご飯3倍は食えますから!(^^)!

    はっきり言って材料や思惑がショボク胡散臭くても握力自慢(神ホと呼んでた)人気が出ればテンバガー(ex神の手ブランジスタ)
    材料しっかり思惑最高でも信者の握力弱い人気無がなければ倍行けば天井になります!

    今ここの現状 

    材料→これ以上ないでしょ→エクセレント→からの疑心暗鬼

    思惑→有望パイプラインこんなにあるの→ビューチフル→からの忘れている
     
    握力→ここを買った理由を忘れている・株価に振り回される・煽りに心が折れる→からの損切・ぶん投げ・機関の養分

    意見は判れますが、信用買い残が多いから上がらないということは無いと思っています。というのは買い残の半分以上は個人の玉ではないし、現物でも上がったら少なからず利確するわけだし関係ないと思っています。

    以上、私見です( `ー´)ノ長文ご無礼 お休みなさい

  • 1311

    fuk***** 強く買いたい 2017年10月7日 01:59

    以下に書いている通り
    (これが約100憶円の契約です)中国でも結構売れるとわたくしは思うのですがねぇ

    ^v^
    もうすぐこの中国治験開始IR?

     
    なお、当社(ラクオリア創薬)は【中国における開発段階に応じたマイルストーン、ならびに販売後のロイヤリティーを受け取る権利を所有しております。】

    CJヘルスケア社がLuoxin Pharmaとの中国におけるコラボレーションを発表

    2015年10月22日、CJヘルスケア株式会社(以下「CJHC社」)およびShandong Luoxin Pharmaceutical Group(以下「Luoxin社」)は、胃酸関連疾患治療薬として開発中である CJ-12420について、中国においてLuoxin社が開発、製造及び販売を行う独占的コラボレーションを締結したことを発表しました。
    両社の合意に基づき、CJHC社は、契約一時金の他、中国での開発・申請・販売の段階に応じたマイルストーンを受領する予定です。Luoxin社は、中国での開発、製造及び販売を実施します。CJ-12420が中国で承認を受けた段階で、CJHC社はマイルストーンを得るとともに、2桁台のロイヤリティーを受け取ることができます。
    CJHC社の社長兼CEOであるSeok-Hee, Kangは次のように述べています。「今回の合意は、『韓国外へのライセンスを通じたCJ-12420の価値の最大化』という我々のゴールへの助けとなるでしょうCJ-12420は、カリウムイオン競合型アシッドブロッカー(P-CAB)と呼ばれる薬剤であり、胃食道逆流症やその他の胃酸関連疾患治療剤として、韓国において第III相臨床試験段階にあります。CJ-12420 は、胃壁細胞に発現し胃酸分泌の最終段階を担うH+/K+-ATPase(プロトンポンプ)においてカリウムイオンを競合的に阻害することから、強力かつ持続的に胃酸分泌を抑制します。CJHC社は、2010年より、日本の創薬ベンチャーであるラクオリア創薬から、CJ-12420の韓国、中国、台湾及び東南アジアをテリトリーとした、サブライセンス権を含む独占権のライセンスを受けています。

    中国本土の胃酸抑制薬市場は2010年から2014年の間でおよそ25%/年の割合で成長しており、2014年の年間売上は26億ドルに届くとされています。

  • ちなみに、ブルボンさんはアジア限定で日本含めてテゴプラザンが300億程度の売上と再三再四見積もり語っていると思いますが、

    谷社長もCJヘルス側も中韓で200ー300億の売上(これはまだ中国で試験を行ってないため保守的に見積もっているらしいですが)と各所で語ってますよね。

    これもまた独自の見解かと思います。勿論会社側の言い分だけが常に正しいわけではないですが。

  • >>1305

    >タケキャブが米国進出してない理由
    >要は非劣性でFDAを説得出来んと思ったわけでしょ。

    これは正しい理解ではなく米国ではデキスラントと呼ばれる改良型のPPIを武田が先行開発していたためです。二重の開発費と改良点の差、ジェネリック他市場状況を比較考量して日本では後からのタケキャブ、米国ではデキスラントのまま進んだとされてます。

    >>案外、大塚製薬とかも選択肢になるかもね。
    そうなると欧米はブリストルのコースかな。
    どうせなら、日本も欧米も一気に話つけられる会社となると‥
    既に言われてるファイザーか。
    けど、日本以外のネキシウムの特許切れてるけらアストラゼネカも有りか‥
    わかんねーな。

    それからブルボンさんは数日前に前から米国では売れないと言っているとかいてますが上のように一週間前は全く違う事を言っているので言っている事違いますよね。

    過去の書き込み見てもタカタでイチかバチかの全財産の勝負したとかで、IRが法的整理報道を否定したような話流したりして、半年以上タカタだけ買い煽ってますよね。

    こういうポジションに応じて株価に重大な影響のあることに関して不正確なことを不特定多数相手に書きこむのは非常によくないのではないでしょうか。特にタカタに関してはそうした書き込みを信じてポジションをとった人も多かったのでは?

  • >>1298

    悪口か?
    ないね!むしろ、あんたのことは、それなりに認めてるわ!
    それこそ別にどーでもいいし、書くに値しない…論点が違う

    それと俺が雑魚にからんだか?
    コッコさんに念のため無駄なことをやめたほうがいいと伝えただけ!
    そしたら、絡まれたから、それなりに答えた
    無駄な時間だったけどね

    あなたほどの頭脳なら、そんなことどーでもいいんじゃねーかな?
    相場も読めるしお金も知識もあるだろ?

    ちなみにド下手の競馬は意外と楽しくてね(笑)
    年間で80万円位しかプラスにならんから、困ってるんたけど、そのうち大きく当たるだろーと思って頑張ってるが毎年、同じ位の収支
    これこそどーでもいいか…

    ちなみにラクオリアのことを最後に書いておく
    みんな知ってることだけど
    いい会社…投資するには、なかなか妙味があると思ってる
    ただ、時間はかかるので、現物で…と思うだけ

  • 1306

    fuk***** 強く買いたい 2017年10月7日 01:36

    以下に書かれているように
    やはりPPIAZネキシウム<P-CAB武田タケキャブ<P-CABラクオリア テゴプラザン
    だとわたくしは思うのですがねぇ     ^v^


    これらの成績は、胃食道逆流症治療薬としての第一選択薬であるプロトンポンプ阻害薬(PPI)の同様の試験結果と比較しても、RQ-4(テゴプラザンのこと)がより強力で速やかに作用を発揮し、かつ持続性のある胃酸分泌抑制効果を持つことを示しています。また 【既に発売されているP-CAB同種同効薬(武田のタケキャブしかない)の報告成績と比べても、RQ-4がより速やかな作用を発現することが確認されました。よって、既存の薬剤では充分な治療効果が得られない患者さんにとって新しい治療の選択肢となる・・・・・】

  • >>1135

    少しラクオリア掲示板で不正確な情報で大量の売り煽りを書きこんでる人がいるという話を聞いたので。何で株価が暴落してんのかなと思ってたらそれで株価が暴落してたんですかね。

    >結果的に、胃酸分泌抑制効果がPPIよりも早いぐらいしかメリットが無く、オメプラールよりも効くと言えるデータを出せなかった。

    この点ブルボンさんは繰り返し勘違いしていてこれはAZの主張であって、実際はAZ他世界中の製薬会社の昔開発していたPCABの失敗は肝毒性の観点が大きいと実際はされています。タケキャブの成功はこの毒性の克服でもあったのです。

    >非劣勢
    ではなく非劣性です。

    >胃酸分泌抑制効果がPPIよりも早いぐらいしかメリットが無く、オメプラールよりも効くと言えるデータを出せなかった。

    PCABの旧型のPPIに比べた際のメリットに関しては
    ①酸に不安定なため腸溶製剤で作用発現時間がばらつく
    ②遺伝子多型のあるCYP2C19で代謝されるため患者間の血中動態がばらつく、特にアジア人でこの代謝能が著しく低いものが多い
    ③夜間の酸分泌を十分に抑制できない
    等です。

    このほか、PCABは胃壁に集積する作用があります。
    PPIが消化管に集積しないために起こる脳でのポンプ作用阻害によるβアミロイド排出阻害等も動物実験で示されており、PPIの長期服用による認知障害等の副作用も報告されてきているのでそうしたPPIの近年取り上げられる無視できない副作用についてももしかしたらPCABとの差について将来的には論点になってくるのかもしれません。

    それからミホノブルボンさんは非劣性を有意差がないことと同義ととらえているようですがそれは非劣性試験の正しい理解の仕方ではありません。

    IRに関しては私がきいたのは、欧米は韓国で許可申請までこぎつけた試験結果があるとて予断は許さないぐらいの意見ですね。ただ勿論我々は欧米で導出したいがフィスコ側の(まず日本というのが現実的)という意見も一理あるのだ、という事は確かに主張していました。

  • 1303

    fuk***** 強く買いたい 2017年10月7日 01:08

    以下に書かれているように
    やはりPPIネキシウム<P-CABテゴプラザンだと思うのですがねぇ


    胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃食道逆流症など、主に胃酸関連疾患に処方されている胃食道逆流症疾患治療薬は、現在はアストラゼネカ社のネキシウムなどのPPIがメインとなっています。 PPIの中でも「ネキシウム」は、これまでに全世界で 8兆 8,000億ウォンの処方実績を記録しており、グローバル市場におけるブロックバスターとして名声を上げています。

    CJヘルスケア社がグローバル新薬を目標として開発中のCJ-12420は、新しい作用機序である P-CAB(:Potassium-Competitive Acid Blocker:カリウムイオン競合型アシッドブロッカー)と呼ばれる薬剤です。現在までに実施された第Ⅰ相、第Ⅱ相臨床試験の結果から、既存の代表的な胃食道逆流症疾患治療剤である【 PPIより優れた胃酸分泌抑制効果と高い安全性が確認されており、】次世代の胃酸関連疾患治療薬として注目されています。

  • >>1296

    あのね、
    出てきたと思ったら信用が~とか、keiみたいな明らかな雑魚に絡むためだったり、そういった姿勢について述べてるんですよ。

    ま、私は既にホルダーではないので、これ以上は言いません。ドヘタなのにしがみついてる競馬頑張ってください。悪口はお好きにどうぞ。

  • >>1291

    あ!おれか!?
    アホのまぐれだよ
    だから、なに?(笑)
    まぐれも、まぐれ
    まぐれが続いて…まぐれが続く(笑)
    だから?
    まぐれだと卑怯だってさ

    おれには、わからん

  • おうおうおう 今日は気分良く終わったと思ったら、また荒れてるんかぁ

    これじゃ上げるもんもあげんわ

    これ見て頭ひやさんかい

    4579 - ラクオリア創薬(株) おうおうおう  今日は気分良く終わったと思ったら、また荒れてるんかぁ  これじゃ上げるもんもあげんわ

  • 相変わらずですなぁ

    ひとを見過ぎだと思います
    他の人のことがそんなに気になりますか?

    ひとを見る前に自分をよく見つめる
    それが大切だと思います

    自分はそんなに素晴らしい人ですか?

読み込みエラーが発生しました

再読み込み
JASRAC許諾番号:9008249113Y38200 写真:アフロ

(C)Yahoo Japan