IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>421

ちなみに昨日の株主総会でもオ○ジ○ボの単語が発せられましたよ。免疫系抗癌剤+化学療法(プラチナ系抗癌剤)+CBP501でよい結果を出す可能性が高いと会社は見ています。中期活動計画の24ページにある薬剤Nivolumabはニボルマブ(商品名オプジーボ)ですよね。世界の免疫学研究を長年リードしてきた京都大学の本庶佑氏(現・客員教授、静岡県公立大学法人理事長)と河邊社長は京都大学の大学院の「免疫」研究所で席をお借りしていたと2016年06月29日のブログに書いてあります。この取り組みに大いに期待したいですよね。