IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

新株を発行するくらいであれば、かなり大きな新規プロジェクトでしょう。そうなれば、成果が出てくるのは、数年後なんてことは珍しくないでしょう。

投資家は、投資家は株価が必要以上に下落しているかに注目しなければなりません。

一般の投資家は、リスクが高いと思えば損失を回避しようと考え将来の利益を過小評価してしまいます。

投資家の姿勢としては、まず新株発行に関し、IR文書を読んでなぜ新株を発行する必要があったのかに注目しましょう。

今まで以上の成長が見込まれる分野かどうかの見極めが重要です。

今までと同じくらいの利益率しか見込めないのであれば、今まで説明した通り株価は理論的にも下がってしかるべきです。

利益額ではなく、利益率であることに留意しておきましょう。

お金をより多く投入するので利益額が数年後に上がるのは当然なわけですね。

また、リスクの考え方は、その人がその分野に精通していればしているほど、小さくなります。

自分が一般の市場参加者よりもその会社や業界に精通していると思える分野であれば、一般市場参加者が不当にリスクありと判断してその会社を過小評価している可能性が高くなるので積極的に投資をしてもいいかもしれません。

新株発行は、一見ただお金を集めるだけのシンプルな行為に見えますが、分析してみると考えなければいけない項目が多いと気づかされるのではないでしょうか。

新株発行発表時には、株価がほんとに大きく動きます。

安定した経営を行うことや投資で損失が出てパニックを起こさないようにするためにも、しっかりとこのようなイベントにどのようなインパクトがあるか理解しておくことは重要ではないでしょうか。

結局は自分次第なんです。