IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

こう言うので、悪い印象が強化される
やれやれ


大阪府富田林市が、大幸薬品の「クレベリン」約2万個を税金約4000万円を使って購入し、“コロナ対策用品”として市民に配布していたことが明らかとなった。「空間除菌」を謳う同商品だが、医薬品ではなく“雑貨”扱いとなっており、コロナ対策としては疑問視される商品に多額の税金を投入したことに批判が殺到している。