IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

 【北京時事】中国国家食品薬品監督管理総局は6日、インフルエンザ治療薬として新薬の「ペラミビル」を承認したと発表した。人への感染が確認されたH7N9型の鳥インフルエンザにも治療効果が期待され、通常よりも短期間で承認された。
 ペラミビルは、既に認可されているタミフルと同等の治療効果を持つ注射剤。点滴によって即効性があり、持続性も長い。経口薬のタミフルや吸入薬のリレンザでは処方が困難な重症患者らに投与できることから、インフルエンザ治療の選択肢が広がるとしている。
 ペラミビルは日本でも2010年から塩野義製薬が製造・販売している。(2013/04/06-19:17)

--------------------------------------------------------------------------------
消毒剤のここより、塩野義だろ

早期収束を希望します。