ここから本文です

>>1449

21億だけではありません。今回は創薬プラットフォームの独占契約含めてですから、創薬支援の売上増加分182百万円という形で表れてます。更にお金だけではなく、ギリアドの研究員の人の手も入ってますから人的資源も投入されてます。
独占期間は公開されてませんが、創薬事業の期間の長さから判断して、複数年契約と思われるため、来年度以降も継続的な収入が見込めます。
その期間の中で、目に見えるような成果が得られれば、独占期間終了後も複数の企業からの引き合いが来ることを期待しています。