ここから本文です

吉野社長、シエラとはコミュニケーションを取っているというが、パワーバランスとしては導出先のシエラが上。結局、どうするかはシエラの判断次第。カルナとしては報告を受動的に受けているだけだろう。…最悪、JJよろしくお返ししますもあり得るからな…何が起きるかわからない世界…吉野社長はヘビの生殺し状態だろう。イニシアチブが取れずやきもきしていることだろう。自社臨床推進も導出先に売り回されたくない思いがあってのことだろう。研究者としての吉野は一定評価するが経営者としては信頼できない。人はいいのだろうが、経営者としての覇気、強靭なキャプテンシーが欠けている。もう社長交代や買収されてもいいのではないか…最後に一言、しっかりせんかい吉野、株主なめるなよ!