IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

25年間の癌治験結果から、片岡ミセルは副作用は確かに少ないが標準治療薬より以上に有効性は無い、ある程度の効果はあった。色々試している間にオプジーボが出て標準治療のハードルが上がった為、その併用治験及び標準治療の無いオーファンドラッグ治験に進まざるに至ったと思います。そしてmRNAワクチンで一躍有名になった核酸医薬に各社重点が置かれています。ナノ社が生き残る為に、この分野で早くヒトでの治験結果が待たれます。!!!