IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

2020 年 6 ⽉ 8 ⽇ ナ ノ キ ャ リ ア 株 式 会 社のIR
ミセル化ナノ粒⼦技術を⽤いた 新型コロナウイルスワクチン開発について 当社創業者のお⼀⼈であり、サイエンティフィック・アドバイザリーボード委員⻑でも ある⽚岡⼀則教授(東京⼤学名誉教授・特任教授 / ナノ医療イノベーションセンター セ ンター⻑)らにより6⽉4⽇に記者発表※された新型コロナウイルスワクチン開発に関する 件につき、お問合せが多数ございましたのでお知らせいたします。 ナノ医療イノベーションセンター(iCONM)と東京都医学総合研究所が、お互いの研究 成果を基に、ミセル化ナノ粒⼦による核酸デリバリー技術を⽤いた新型コロナウイルスに 対するmRNA ワクチンの共同研究開発を開始したことが、6⽉4⽇に記者発表されました。 これまでの実績を基に mRNA ワクチン製剤の最適化を半年以内に達成できるとしており、 その後の臨床開発については COINSテーマより設⽴されたアキュルナ株式会社等の企業が 協⼒し、スピード感を持って実⽤化する必要があることを⽚岡教授は述べられており、当 社におきましても、当社のデリバリー技術のライセンスおよび出資先でもあるアキュルナ 株式会社を通じ、ミセル化ナノ粒⼦のGMP対応等を含めた臨床開発の経験を活かしバッ クアップしてまいります。
との事でしたが、どうなっているのでしょうか。

知っている方、教えてください。
よろしくお願いします。