IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

いろいろ情報ありがとうございました。どうも海外での情報を紹介したもののようです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2021/10/16 テレビ朝日 【サタデーステーション】
<ニュースのあや>mRNAの技術をがん治療に
ワクチン技術、コロナ予防からがん治療へ。
コロナ禍で大きな効果を発揮して注目されたメッセンジャーRNAワクチン。
「RNA」とはたんぱく質の設計図。
コロナウイルスのスパイク部分の設計図だけを注射して体内の細胞工場に送り込むことで無害なスパイクだけを大量に生産。
これに職人「B細胞」が反応して抗体を作り、感染を防ぐ仕組み。
この設計図の技術ががん治療に応用され、臨床試験がスタートしていることが明らかになった(ドイツ・ビオンテック社など)。
この研究にはmRNAワクチン開発の立役者、カタリンカリコ博士も参加。
神奈川県立がんセンター・笹田哲朗医師は「これまでのがん治療で懸念された副反応も少なくできる」と期待。
どんな仕組みかマンガで解説。
料理研究家・SHIORIのスタジオコメント。
漫画:カネシゲタカシ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
海外ではmRNAを使って(おそらく脂質ナノDDSと思います)、がん治療薬をヒトで治験を行っているようで、一歩先と走っている様で、豊富な資金・研究体制で急ピッで進む事が想定できます。
ワクチンの様に癌治療薬でもiCONMは指をくわえて、見ているだけでしょうか???
!!!海外の情報に強い前社長の中冨氏が必要ではないでしょうか、今にしてみれば、今のナノ・iCONMビジネスモデルの弱点を見抜いて、海外企業との共同開発や次世代DDSの開発を行っていました。!!!