ここから本文です

NC-6300 血管肉腫を対象とした expansion cohort 実施、投与開始のお知らせ
当社技術による開発品 NC-6300 について、米国開発において新たなステージへ移行し、患者様 への投与が開始されましたのでお知らせいたします。
【拡大臨床試験概要】※1
対象疾患:血管肉腫
開発地域:米国(Duke Cancer Center および Sarcoma Oncology Center)
症例数 :10例 2
評価項目:NC-6300(3 週間毎 150mg/m )の血管肉腫に対する有効性および安全性の確認 試験期間:約 2 年 (トップライン発表時期:2020年度第 3 四半期ごろ)
本剤は、米国でオーファンドラッグ指定を受けており、早期承認取得を目指した開発戦略を推進 しております。本剤の内包成分であるエピルビシンは、殺細胞効果に加えて、免疫原性細胞死※2の誘導 作用を有することが報告され注目されております。一方、軟部肉腫のうち血管肉腫は腫瘍免疫が関与す るとの報告があり、作用機序の点からも、NC-6300 の対象疾患として血管肉腫を選択しました。既報の 通り、米国で実施した第I相試験においては、登録された血管肉腫 2 例はともに PR(奏効)を示し ており、血管肉腫を対象とした拡大試験に期待を寄せております。
尚、本件による 2020 年 3 月期業績への影響はございません。