ここから本文です

4月25日に公表された厚労省の「がん研究10か年戦略」の推進に関する報告書(中間評価)に「従来の治療法に比べ、治療効率の向上、副作用の低減を可能とする治療法の開発は、患者のQOL等の観点から重要であるため、治療効率の向上や副作用の低減を期待できるドラッグデリバリーに係る研究を推進すべきである。」とありました。