ここから本文です

東大新聞オンラインから抜粋
患部に薬届けるナノマシン開発 2019年5月2日

片岡一則特任教授(未来ビジョン研究センター)と宮田完二郎准教授(工学系研究科)らは、がんなどの治療薬である核酸医薬を、代謝されてしまう前に疾患組織に届けるナノマシンの開発に成功した。

今後は片岡特任教授らが設立したベンチャー企業で、実用化のための取り組みが引き続き進められる。


あ~あ、暇だな~