ここから本文です

>>46

> 400円以上の株価は、高すぎないか?
> 200円台が妥当値か?

片岡教授のナノマシン・・ミセル化ナノ粒子技術の実用化への期待、ADCMによる
核酸医薬等々応用範囲の広がりの可能性・・・世界の学会が注目・数々の受賞。

そして遺伝子治療薬分野へのチャレンジ・・・
VBL社イスラエルのVB-111の可能性は未だ生きていることから進展への期待。
TOCAGEN社米国への出資25万株の価値上昇期待。

更には、セオリアファーマとの耳鼻科領域挑戦P3スタート中、
ノーリツ鋼機、ジーンテクノサイエンスとの提携、JCRファーマとの脳内デリバリー共同研究・・・・

これだけ将来への布石があれば、ギャンブル性の高いバイオと云えども、
今は過小評価に晒されているんでないかいな???

4,000円台が寧ろ妄想にも程よい妥当値かもね???