ここから本文です

前場の引け間際から売り方の攻勢

 628円で2万株以上の売りを置き、後場もみせ玉のように置いていたのを、628円から629円に3万株以上の売りを置いて、頭を押さえているようだが、、、、、、。
 私見であるが、今日はそこを抜いていくような気がする。
 理由は地合いが変わってきていると感じているからであるが、機能も指摘したが、証券取引管理をきちんと監視してほしい。
 制度信用取引はフェアーの精神を逸脱し、売り方である、機関投資家、はっきり申し上げて、証券会社の利益を上げるための手段でしかない。個人が売り建てを実行できればフェアーであると考えることが出来るが、株を調達する手段が難しいので、大量の売りに対応ができないことが本音であろう。売り建てを可能にできる情報を持っているのが、証券会社であることはだれでも気が付くことで、借株を含め、フェアーに証券市場が機能しているとは思えない。
 証券監視をしっかり行ってほしいと願う。