ここから本文です

投資家をあきらめさせる売りを続ける機関投資家

 制度信用の欠点をついている。今日の大引けの株価操作も問題だが、継続的に大引けで安値引けになるように操作している。この操作は小型株ほどやりやすいのである。
 証券管理委員会や東証は制度信用の問題点を真剣に考えなければ、善良な投資家が市場から去るだけである。
 もし個人が同社の株を売却するなら、大引けに行いますか?????少なくとも寄り付きやザラバ中に執行していくはずです。大引けで、売りと買いを同時に執行できる機関投資家が証券会社を分けて注文を執行すれば、簡単に安値引けに株価を下げることが出来ることを、もっと調査してほしいと願う。売り方は評価がプラスに働き、買い方は追証に怯えるという構図になる。
 このような現状が、市場管理者が行う検査が、市場をフェアーに維持しているといえるのだろうか?????