ここから本文です

ADR株価の出来高が少ないので、当てになりません。下記をご参照ください。

米国のADR取引価格にさや寄せしやすい傾向があるといえます。もっとも、ADR取引で出来高がどれほどあるかも重要になりますが……。

ちなみにADR取引価格の増減(上昇率、下落率)は前日のADR取引価格に対して表示されます。日本のマーケット終了からの価格に対してのものではないのでご注意ください。