ここから本文です

再上場に尽きると思う。
大きな訴訟は結審した上、アスクレピオスの影が全くないのだから、上場申請くらいはすべき。

そーせいがバイオベンチャーの雄みたいな存在だが、ここも北京泰徳・オートファジー・DR・DDSなどの材料があるので、それに匹敵するだろう。