IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

基本的にクラッシュ時には日本株は他国に先駆けて率先して下げていく。
つまり世界最弱市場の一つである。

その中にあってマザーズ銘柄は有事の際の脆弱銘柄群であり、中でも収益的基盤が乏しく、安定性にも乏しいバイオグループは最も売りのターゲットにされやすい。
いってみれば世界の株式市場での最弱銘柄群である。

しかし逆に言えばそれだけ早期に需給関係が整理されやすい面もあるわけで、
うまくすれば真っ先に復活するようなこともある。

今回の新型コロナウイルスは既にパンデミック状態に近く、今後世界経済にも多大な影響を及ぼすだろう。

これからは中長期的にダメージを受けるであろう国・地域・業種・業態とほとんど影響を受けないものとの峻別が徐々になされてくるだろう。

世界各国では今後起こり得る不況対策のためにこれまで以上の金融緩和策がとられることになる。つまりは景気低迷下での世界的なカネ余り現象は今後相当長く続くことになるだろう。

こういう環境の下、近い将来にはデフェンシブストックが重要な柱の一つになってくるだろう。
そしてここは今回の新型コロナウイルスの負の影響をほとんど受けない銘柄なのかもしれない。
あるいは不謹慎かもしれないが中長期的にはCOPD治療薬やAsthma治療薬にはプラスの面があるのかもしれない。

もしかしたらここには最高の環境がやってくるのかもしれない。