ここから本文です

最新IR情報に「ファクトシート」が追加されていますね。

先日のJPモルガンカンファレンスでの以下のデータも2019年12月31日現在、つまり前期末現在のものであることが明記されています。

Taiyo Pacific Partners 6.6%
Capital International 5.8%
Norges Bank Investment Management 1.3%
Capital Research & Management 1.0%
BlackRock Fund Advisors 0.9%
Matthews International Capital 0.9%

この主要な株主にCapital ResearchやBlackRockが入って来たことは非常に大きなことだと思います。

PfizerやMerchやJ&JやAmgenやGileadやAbbVie等のメガファーマではまず例外なくこの2社とVanguard社が主要株主に入っています。
あとこのVanguard社が主要株主になれば一層株主構成がメガファーマに近づいていくことになります。

また2018年12月期末に比して、個人株主比率が68%強から61%に減少していますね。
これは弱小個人から機関投資家に徐々に株式が移っていっていることを
示しています。

この傾向は今後一段と強まるでしょう。
日々の値動きに惑わされず、しっかり握っていきことが大事だと思います。