ここから本文です

>>216

takさんがおっしゃるように保険が適応されたのなら、薬局での販売には医師の処方箋が必要になるのではないですか?
COPD薬は365日吸引する必要があるので、他社薬剤が薬局に相当数の在庫があるはずです。
まず薬局としては、その在庫を捌くのが先決。在庫を捌ききった段階で「実は新薬が出ているので、ためしてみませんか?」と勧めたうえで処方する。
新発売のサービスで1箱につきサンプル2箱程度のサービスもしてるだろうし、薬価が高ければ医療側にはそれなりの旨味が出てくる
まず少しずつでもシェアを取りに行く戦略が必要で、シェアさえ確保できれば売り上げ金額は後からついてきます
中国の黄砂と花粉は日本の比ではない
おそらくは、かなり急いでこの時期の発売にこぎつけたものと思います